お水のお仕事にハマってます!

副業としてキャバ嬢は効率的

本業のある人でも時と場合によっては副業をしたいと思うことがありますよね。私も五反田で本業のOLをやりながら副業したいと思ったときにこの五反田キャバクラ求人を見てバイトしようと思いました。キャバクラの求人には副業OKということも書いてあったので飛びついちゃった感じでしたが、バイトできることが嬉しかったです。時給は他のジャンルに比べて高いし倍以上の時給の設定なこともあって本当にこういうお金で働けるのか少し不安になったときもありました。実際にキャバクラの面接や体入をしてみるとキャバクラ業界が徐々に少しずつ分かってきてルールやマナーを学びながら副業っていう感じでした。バイトとしてはかなり稼げる感じだし、副業生活そのものもそんなに体に負担になるほどでもありませんでした。あるときバイトしたお金はすべて貯金していたのでいくらになるか見てみたら、3か月間で驚きの金額になっていました。貯まってるだろうなとは思っていたんですがかなり効率的ですね。

女性画像

最高に楽しい

最高に楽しいと甘えるようになれます。キャバクラでアルバイトで私は完全に甘えキャラですが、お客さんはそれに対してかなり喜んでくれるようになりました。色々とお金を使ってくれる太いお客さんはいますので、毎回節目にならなくても何かしらお土産をくれます。それが普通にブランド品とかなんで嬉しいですよね。働いていてもアルバイトだという意識はキャバクラでは全くないんですが、お客さんもそれは一緒だと思います。求人を見て入店したわけではなく、私の場合は先輩に紹介されて働いているんです。もうその先輩を抜かしてしまいましたのでなんだかいい気分ですけどもちろんそこは下手にでています。働いているといろんな人に出会えますのでキャバクラのアルバイトは本当に奥が深いと思います。求人には書いていないようなことがたくさんありますので勉強の毎日ですよ。楽しくてしょうがないという感じなのが正直なところですね。まだまだ働きますよ私は!

お金をいただいているという意識が付いた

キャバクラでバイトをしてからお金をもらうということはとても重要なことなんだと気づきました。人生の中で少しずつ成長しているのを自分でも感じますが、キャバクラ嬢になってからは特にそう思います。やっぱり色々なお客さんと接点がありますし、サラリーマンとして一生懸命働いている人を見ていると、バイトだからといって簡単な気持ちで終わらせてはいけないんだと思います。髪型とかメイクにもこれからも一生懸命こだわっていきたいと思いますし、求人を出した時には女の子がどんどんと入ってくるように素敵なお店にしていきたいと思います。やっぱり働いている人が生き生きしているお店にはお客さんも集まってくると思いますし、新しい女の子たちにも良いイメージを与えるのではないかと考えています。とりあえずは頑張ってお店のイメージアップするために働きたいと思います。自分の給料のことばかり考えているとそういうのが他の人にも伝わると思うので注意したいと思います。

キャバクラの短期バイトで目標が早く叶った

一気にお金を貯めたくてキャバクラで短期バイトすることを考えました。海外に行きたくてそのためのお金をアルバイトして集めてたんですけど、なんだか全然たまらなくて予定も延びるばかりでした。おまけにその時やっていたアルバイトも続ければ続けるほどツラくなってい状態だったんで、勤め先変えようかなって考えもありました。短期で一気に稼ぐつもりでしたから、地元を離れて入店してみようという気もありました。だからキャバクラの求人見るにしても、寮が用意してあるかどうかも気にしながらのものでした。できれば寮費取られないのが理想でしたから、それでお店を選ぶことにしました。あいにく3ヶ月までは寮費無料のお店見つけたんで、そこに応募しました。もちろんワンルームでプライベートに関しても不案ないものでした。面接の際に、お店に目標伝えておいたので、それに合わせてお店でもお客さん回してくれたりとフォローしてくれました。おかげで目標にしていた金額よりも余分が出るくらいに稼がせてもらいました。もっと早くキャバクラで短期バイトすればよかった、とは思いました。

バーで働くならキャバクラの方が

普通に昼間に会社員として働いていたことも私はちょっとだけあるんですけど、自分には何となく馴染めず3か月くらいで辞めてしまいました。その後は、洋食のレストランや海鮮料理のお店なんかでバイトをしながら生活をしていました。サービス業自体は結構好きで、その後もナイトタイムの求人で応募してショットバーで働いていました。でもショットバーのお仕事はずっと立ちっぱなしで時間も長いので、もう少し負担の少ないお仕事ないかな~と思って探してたら凄く条件のいい求人がありました。時給はバーよりも高くて出勤日数・時間も短くてOK、それがキャバクラの求人だったんです。同じお酒を提供して接客するんだったら時給が高い方がいいと思って体験で入店。入ってみたら、正直、バーで働いている時よりも体的には楽でそのままこのお店で働くようになりました。働く時間が短くなって遊ぶ時間も増えてお給料は多くなってキャバクラに転職してよかったと思っています。